障害者の採用・研修・育成・雇用率維持のお悩みは専門会社よりよく生きるプロジェクトへ

ホーム > 代表コラム > “健常者扱いしてほしい障害者”と”障害者扱いしてほしい障害者”の見分け方

“健常者扱いしてほしい障害者”と”障害者扱いしてほしい障害者”の見分け方

どうも、矢辺です。

 

 

前回のコラムでは、「“健常者扱いしてほしい障害者”と”障害者扱いしてほしい障害者”を見分けることが企業にとっての障害者雇用のキモの1つ」ということを書きました。

 

 

それでは、”健常者扱いしてほしい障害者”と”障害者扱いしてほしい障害者”の見分け方を今日は書いてみましょう。

 

 

見極める上で、まず理解していただきたいのは、障害受容の4段階理論。

 

 

これは、京都教育大学、岡茂さんの中途障害者の障害受容における自己概念の変化(PDF)という素晴らしい論文から拝借しています。

 

 

この論文には、中途障害者がどう障害を捉え、気持ちが変化していくのか?という内容です(なお、ここでは中途障害者となっていますが、先天性の方にお話をお伺いしても「これは先天性の人も同じ」という人ばかりでしたので、私は、中途障害に関わらず障害者全体の障害受容の経過として使っています)。

 

 

で、内容はざっと言うとこんな感じです。障害を受容するまでに4段階あると言っています。

 

 

juyo

 

 

簡単に言えば、まず何で自分が…と思うんだけど、ちょっと自分を見せるようになって、障害の有無に関わらず自分は自分なんだって思って、自分なりの人生を生きるっていう話です。

 

 

“障害者扱いしてほしい障害者”は、この4段階理論の第1〜2段階の人が多いです。” 健常者扱いしてほしい障害者”は、第3〜4段階の人が多いです。

 

 

第1段階、第2段階の人は、「なんで自分が」「障害者だから」という考え方をする人です。ですから、”障害者扱いしてほしい障害者”の人が多いのです。物事の思考の矢印が自分に向かっています。

 

 

第3段階、第4段階の人は、自分なりの明確な考えや意見を持っています。また、物事の思考の矢印が外に向かっています。ですから、他人とうまくやっていきたいと考えます。そう考えると、健常者と同じように扱ってほしいと考えるようになるのです。

 

 

ここまで理解していただいたとしたら、あとは見分け方です。

 

 

それは、生き方の主体性です。

 

 

これまでの仕事、学校生活など、人生の節々でどれだけ主体的に考え、選択し、責任を取ってきたか。自分の人生を正解にしようとしたか。そういう人生の生き方が”障害者扱いしてほしい障害者”と”健常者扱いしてほしい障害者”を分けます。

 

 

“障害者扱いしてほしい障害者”は、人生を受け身で行動しています。「○○がそうしろと言ったから」「○○の勧めで」など。”健常者扱いしてほしい障害者”はその逆です。

 

 

このように書くと、”障害者扱いしてほしい障害者”が悪者に見えるかもしれませんが、前回のコラムで書いたようにあくまで会社の考え方です。

 

 

reco

 

自社がどのような障害者を採用したいのか?なのです。この採用したい障害者像を考えず採用するので、ミスマッチが起こります。また、雇用率ばかり考え、障害者を取り急ぎ採用することばかり考えるから、ミスマッチが起こるのです。

 

 

でも、こう考えると新卒採用の面接なんかと同じだと思いませんか?

 

 

どんな人材を採用したいか?そのために、どんな採用手法を使うのか?

 

 

それこそが、障害者雇用においても大事なのです。もし、それがわからなければ当社までご連絡ください。

  • お問合わせ
  • このページの先頭へ