障害者の採用・研修・育成・雇用率維持のお悩みは専門会社よりよく生きるプロジェクトへ

ホーム > 代表コラム > 障害者採用ページは「障害者差別禁止指針」に抵触する?

障害者採用ページは「障害者差別禁止指針」に抵触する?

みなさん、ごきげんよう。矢辺です。

 

 

先日、クライアント企業さんから「障害者採用ページは、障害者差別禁止指針に抵触するか?」というご質問をいただきました。今年(平成28年)4月から障害者差別禁止指針が実施されますので、気になっている方も多いのではないかと思い、こちらでも書いてみます。

 

 

結論から言えば、抵触しません。

 

 

以下、厚生労働省の資料をご確認ください。

 

障害者差別禁止・合理的配慮に関するQ&A


 Q3-1-4.障害者のみを対象とした求人(いわゆる障害者専用求人)は差別にはなりますか?
 A3-1-4.なりません。障害者のみを対象とする求人(いわゆる障害者専用求人)は、障害者を
  有利に取り扱うものであり、禁止される差別に該当しません。
  なお、障害者専用求人で採用した障害者についても、採用後に障害者でない者との間で不当な
  差別的取扱いをすることは禁止されます。

 

以下の資料に下記記載があります。

 

改正障害者雇用促進法に基づく指針の概要(障害者差別禁止指針)
○ ただし、次に掲げる措置を講ずることは、障害者であることを理由とする差別に該当しない。
・ 積極的差別是正措置として、障害者でない者と比較して障害者を有利に取り扱うこと。

 


つまり、差別をなくしていくために、障害者を有利に扱う採用方法は認めるということです。

 

 

こういう法令的なものって、言葉の取り方など、難しいですね。

参考になれば幸いです。それでは〜。

  • お問合わせ
  • このページの先頭へ