障害者の雇用率アップできてますか?雇用率を達成できない。それには明確な3つの理由があります。
ズバリ答えをお教えします! 無料診断を依頼する

A. 貴社、依頼している会社・団体、障害者社員の目的が“入社”だからです。

雇用率がアップしない3つの理由

理由その1依頼しているのが障害者"採用"専門の会社・支援団体だから

障害者支援の会社・団体は、"採用"支援をする企業がほとんどで、採用以外の貴社内の問題解決ができない

理由その2障害者は就職(入社)することが目的になっている

障害者の退職理由のほとんどはネガティブなもので、キャリアアップなど前向きな理由はなく、ただ“働ける場”を探している

理由その3貴社が雇用率のために障害者を雇用している

短期間で障害者を採用し、雇用率を改善することが目的になり、長期的に障害者の育成・戦力化を考えられていない

採用支援の図

”採用”専門の会社・団体だから、入れて終わり。障害者個人のモチベーション、仕事の意識に対する支援はない

多くの障害者は、仕事の成果を出す意識が低く、
いかにして職場で価値発揮をするか、そして、
自分が仲間として認められるための考え方もしない

雇用率しか見ていない。結果、採用できない、採用しても戦力化できずせっかく採用した障害者がすぐに辞めてしまう

新卒社員は入社させただけでは定着・活躍しません。同じように障害者社員にも定着・活躍のための仕組みが必要なのです。

雇用率をアップする為には、雇用する側・される側双方での根本的な意識改革が必要となります。

御社の雇用率を上げるために企業・障害者双方の”よりよい働き方”を支援する会社障害者雇用トータル支援会社よりよく生きるプロジェクト

まずは、無料診断で根本的な原因を分析しましょう!

お電話の方はこちらから03-6869-1987

無料診断を依頼する

ページTOP

こんなお悩みありませんか?

雇用率が維持できない障害者の採用プロセスが分からない障害が原因で雇用後にトラブルが起きているせっかく採用した障害社員がすぐに辞めてしまう障害社員が周りの社員と上手にコミュニケーション取れない受入れる部署が障害に関する理解がない

そのお悩みを解決いたします!まずは無料診断を。

上記に挙げていただいたお悩み、もしかしたら簡単に解決できるかもしれません。過去の事例紹介も兼ねて、無料で現状を診断させていただきます。

お電話の方はこちらから03-6869-1987

無料診断を依頼する

ページTOP

雇用率ってまだまだ引き上げられる!?

2013年4月に法定雇用率は2.0%となり、企業全体の障害者雇用率は上がってきています。
しかしながら、雇用率を達成できている企業は半数以下となっており、
きちんと対策ができている企業とそうでない企業の明暗がハッキリと出てしまっています。

雇用率の推移

雇用率の推移のグラフ

拡大

雇用率達成割合の推移

雇用率達成割合の推移のグラフ

拡大

出典:厚生労働省 平成25年 障害者雇用状況の集計結果

こういった状況の中で、まだまだ雇用の余地はあると考えられており、
例えば、2015年には100名以上(今は201名以上)の企業も罰金の対象となるように、
積極的な雇用推進策が進んでいます。

来たる2018年には精神障害者雇用が義務化となり、それに合わせ法定雇用率のアップが見込まれている程です。

今後はさらに、少子高齢化による労働者数減から障害者の社会参加及び雇用が望まれ、
企業への障害者雇用の要請はますます強くなると予想されています。

よりよく生きるプロジェクトは、このような社会的要請を捉え、統計値としての “雇用率” だけでない、 障害者、企業側、双方にとっ て “よりよい働き方” のお手伝いを専門に行っております。
それが結果として、雇用率アップにつながるのです。

まずは、障害社員が定着・活躍のための仕組みをお話しさせていただければ幸いです。
貴社の雇用率が何故上がらないのかがわかる無料診断からお気軽にご連絡くださいませ。

お電話の方はこちらから03-6869-1987

無料診断を依頼する

ページTOP

お客さま事例紹介

年間17名の採用に成功。さらに離職者ゼロで雇用率大幅アップ!

年間17名の採用に成功。さらに離職者ゼロで雇用率大幅アップ!

【企業プロファイル】
企業名:株式会社マイナビ
業種:人材サービス業
従業員数:約2800名
本社所在地:東京都千代田区

グループ会社統合、業績拡大、法定雇用率アップなどにより、障害者雇用を積極的に展開することに。

今後、積極的に障害のある方を受入れるにあたり、これまで採用したことのない障害部位の方の採用も検討しており、矢辺さん(よりよく生きるプロジェクト代表)にご依頼しました

障害者採用コンサルティングだけでなく、問題点の解決のために受入れ前研修を実施しました。

受入れ前研修を実施することで、入社する障害者社員の意識を把握するだけでなく、各部署が障害者社員をどう受け入れれば良いのかという指針ができ、受入れ側の健常者社員の意識も改革することができました。

結果、障害者雇用を積極的に展開する中で受入れ前研修を実施することで、部署の受入れ前の不安が消え、受入れる障害の幅が増え採用増につながりました。

障害の理解だけではなく、如何に障害があっても1人の人間として成長してもらうか?その指針を受入前研修で伝えていただき実践できているからです。

障害者社員の「働く意識」改革に成功!

これまで障害者雇用で障害のある方を何名も受入れてきましたが、健常者と比べ、「働くこと」に対する意識の低さを感じていました。給料以上の価値を発揮することは働く以上、当たり前だと思うのですが、チャレンジしない姿勢に不満を感じていました。

障害者社員の「働く意識」を改革する為、研修を実施していただきました。

研修を通じて、「できないこと」は障害が理由なのか?言い訳なのか?という評価軸を障害者社員が理解し、障害が理由でできないことは会社に配慮を提案していく。甘えは会社として指導していく。といった指導基準が明確になりました。

障害のある社員と働いていて「甘えじゃないか」と思っていたことも、「障害者だからしょうがない」と考えておりましたが、「甘えは指導してもよい」という共通認識ができたことで、伝えるべきことは伝えられるようになりました。

特に、障害が理由でできないことに関しては、「できない」だけではなく、「こういうように改善してもらえればより仕事ができる」というような提案もしてもらえるようになり、「言われたことだけをやる」から「付加価値をつける」という点に障害者社員の意識が明確に変わったことを実感しています。

障害者社員の「働く意識」改革に成功!

【企業プロファイル】
企業名:非公開
業種:大手製薬会社
従業員数:約4000名
本社所在地:東京都

障害者社員の成長が伸び悩む原因が明確に!

障害者社員の成長が伸び悩む原因が明確に!

【企業プロファイル】
企業名:非公開
業種:人材サービス業
従業員数:約3000名
本社所在地:東京都

障害者の雇用率達成に向けて積極的に採用を行っていましたが、人事で入社後のフォローアップがほとんどできていない状況でした。

そこで、原因の明確化と今後表面化するであろう問題の早期把握のために意識調査を実施していただきました。

調査では、障害者社員と上司、同僚のコミュニケーション等の「人間関係」は良好で、居心地の良い環境作りはできているものの、障害者社員にとって、上司からの「承認・評価」が低いことが原因で、「モチベーション」を維持することができていないことが浮き彫りになりました。

障害者社員は「成長・貢献実感」を感じることができている=もっと「意欲的に仕事がしたい」にもかかわらず、部署(上司)は、「障害者社員を活用する」意識が低いことが障害者社員の成長が伸び悩む原因となっていたのです。

今後は、障害者社員の評価軸を構築し、各部署で共有することで、障害者社員の更なる成長を生み出す組織作りをしていきたいと思います。この好循環が雇用率の達成へつながると確信しています。

貴社に合った事例紹介も兼ねて診断シートをお持ちいたします。

お電話の方はこちらから03-6869-1987

無料診断を依頼する

ページTOP

この診断は、御社の障害者雇用に関する根本的問題を把握するためのものです。

今、多くの会社が法定雇用率を達成することを中心に考えて採用活動を行っています。ストレートに言ってしまえば、「あなたを採用したい」ではなく「あなたの障害者手帳がほしい」という採用活動です。

それは法律のためでもあり悪いことではありませんが、それだけで、障害のある社員は満足して働けるのでしょうか。また、「障害者雇用は社会貢献だ」と言う会社もありますが、障害者は人材であり社会貢献のための道具ではありません。

雇用・労働とは、企業と社員の切磋琢磨の場です。障害者雇用も雇用である以上、企業と障害者の切磋琢磨の場であるべきです。真剣だから辛くて楽しいのです。

もし御社が法定雇用率が未達成であれば、御社の職場と障害者の間に、切磋琢磨がない可能性が高い。切磋琢磨がない魅力的な職場ではないため、採用できず、せっかく採用しても退職してしまうため法定雇用率が達成しない。

では、御社の職場と障害者の間に、なぜ切磋琢磨がないのか。この問題を把握するのが、今回の診断です。

この診断では、御社の障害者雇用を聞き取り、御社の問題点を把握し、法定雇用率が達成する障害者雇用の考え方にシフトしていくことを支援します。

この診断によって、今までの障害者雇用の考え方が大きく変化し、法定雇用率達成に向けて、着実な1歩を踏み出していけるでしょう。無料診断のメリットはこちら

無料診断キャンペーンに申込む

ページTOP

よくあるご質問

さっそく無料診断を依頼する

電話でのお申し込み
無料診断を依頼する

無料診断のご依頼

必須御社名
必須お名前
必須メールアドレス(半角入力)

確認のため再度ご入力ください
備考

事前にお知らせいただけることや何かお伝えしたいことなどございましたら、お気軽にご記入ください

ページTOP