障害者の採用・研修・育成・雇用率維持のお悩みは専門会社よりよく生きるプロジェクトへ

HOME > サービス一覧 > 障害者受入れ前研修

障害者受入れ前研修

障害者が退職してしまう。部署の障害者への理解が少ない。障害者と部署が友好的な関係を築けない。そんなお悩みはありませんか。

障害者を受入れる前にどのような準備をされていますか?
まさか部署に丸投げ…ということをしていませんか?

実は障害者を受入れるにあたり、障害者が退職しない、部署と友好な関係を築くために、受入れ前に部署の方に理解していただく大事な3要素があります。

ほとんどの会社が3要素の1つしか実施していません。
だから、障害者が退職したり、部署と友好な関係を築けないのです。

その3つとは、

「必要な障害の配慮を理解する」
「障害があっても他の社員と同じように接する」
「障害があっても成長予感・実感を感じる支援をする」

です。

多くの会社は、1つ目の

「必要な障害の配慮を理解する」

で終わっています。この「障害の配慮」で手一杯になり、障害者を腫れものに触る・お客さんのような接し方になってしまいます。同じ社員であるにも関わらず。

同じ社員なのに、お客さんのような接し方で、その会社に居続けたいと思えますか?だから障害者が退職してしまうのです。だから部署と障害者が友好な関係を築けないのです。

障害があっても同じ社員のように接して、障害があっても、成長予感・実感を感じて、「この会社にいてよかった」「この会社に居続けたい」。そう感じてもらえるように部署は受入れ前にしっかりとこの3要素を理解する必要があります。

当社の障害者受入れ前研修では、障害者雇用の法律、障害についての研修はもちろんのこと、このような障害者の気持ち面を踏まえた研修を実施し、この3要素を部署の方に理解いただき、障害者の退職を大幅に減少させています。

 

サービス一覧

  • お問合わせ
  • このページの先頭へ