障害者の採用・研修・育成・雇用率維持のお悩みは専門会社よりよく生きるプロジェクトへ

HOME > サービス一覧 > 障害者・上司:意識調査

障害者・上司:意識調査

障害者・上司:意識調査とは

障害者・上司:意識調査でわかること

その1 退職などにつながる問題が早期に把握できる

問題発見

入社後、障害のある社員がどのように働き、会社にどれくらい満足しているか把握していますか?把握できないことで、せっかく採用したのに定着しない、退職時に不満を知るという人事の方が多いようです。

この意識調査では、退職につながる問題を早期に発見でき、また退職理由を把握することができます。


その2 障害者が価値を出しているかわかる

成果

障害者雇用において法定雇用率の遵守は企業の社会的責任として捉えられています。しかし、企業は慈善事業ではなく、利益を追求しなくてはなりません。だからこそ、障害があっても、仕事の成果を出してもらう必要があります。

御社の障害のある社員は、価値を発揮し、仕事の成果を出していると言えますか?また、所属部署の皆さまは、障害のある社員のフォローがうまくできていますか?

会社として、障害のある社員が成果を出しているかこの調査でわかります。


その3 今後の障害者の育成方針を作ることができる

育成方針

今働く障害のある社員やその上司がお互いをどう認識しているか。その差や現在の満足度、問題の把握から、働く障害者に対してどのような施策を実施すべきかがわかるため、今後の障害者の育成方針を作ることができます。

また、現在働く障害者の満足度がわかれば、自社の強みがわかるため、採用活動に活かすなど、今後の障害者採用の方針も作ることができます。


実施(サービス)内容

御社で働く障害者とその上司に双方に全43項目のアンケートを実施いたします。

調査内容

これらから

具体的な提出資料などをもっと知りたい方

詳細を聞いてみるボタン

こんなお悩みありませんか?

障害者・上司:意識調査で解決しましょう!

詳細を聞いてみる

サービス一覧

  • お問合わせ
  • このページの先頭へ