障害者の採用・研修・育成・雇用率維持のお悩みは専門会社よりよく生きるプロジェクトへ

ホーム > お悩みから探す > 障害者が退職して雇用率が上がりません

障害者が退職して雇用率が上がりません

「障害者が退職する」理由は、御社の採用基準に合致した障害者を採用していない、部署と障害者の関係性が悪いことが理由です。

 

■採用基準に合致した障害者を採用していない
障害者雇用は、数を目指して採用しなくてはいけないため、「良い人を採用する」ではなく、「数を集める」という目標を設定してしまいがちです。そのため、自社のカラーに合わない障害者を雇用する、他の社員より明らかに採用基準が低い人材を採用してしまう。

 

そのため、職場で浮いた存在になってしまうため、退職してしまうのです。

 

■部署と障害者の関係性が悪い
採用スペックに合っていても退職してしまう事例はたくさんあります。よくある事例は、「採用した障害者が社員ではなく、お客さんになっている」という例です。

 

障害者は障害の配慮が必要です。ですから、部署では、”障害者のAさん”としてしっかりと配慮しなければならないと考え、受入れをしていきます。

 

しかし、障害があっても障害者は人間です。一社員として仲間として一緒に仕事をしていきたい気持ちは健常者と変わりはありません。にも関わらず、障害の配慮ばかりに意識をとられ、”同じ社員”ではなく、”障害者社員のAさん”として、障害の配慮を受けるお客さん感覚、過剰サービスな感覚を、働く障害者は感じてしまうことが多いのです。そういう職場に長く居続けたいとは思えませんよね。

 

障害者が退職しないために大事なことは、「障害の配慮をしながらも1人の人間として接する」という接し方を全社に広げていくことです。

 

難しいと思われるかもしれませんが、健常者同士でも気遣いをしあうはずです。その気遣いの1つに障害の配慮があるというイメージといえば伝わりますでしょうか。

 

ある種人間として当たり前の”対等にお互いを気遣う”という関係が築けなければ、障害者は退職してしまうのです。当社では、「障害の配慮をしながらも1人の人間として接する」という接し方を全社に広げていく「障害者受入れ前研修」をご用意しています。

 

ご興味がございましたら、お声がけください。

  • お問合わせ
  • このページの先頭へ