障害者の採用・研修・育成・雇用率維持のお悩みは専門会社よりよく生きるプロジェクトへ

ホーム > お悩みから探す > 障害者社員が仕事をしません

障害者社員が仕事をしません

障害者社員が仕事をしないのは、あなたが積極的に相手の障害者社員に興味を持っていないからです。

 

 

通常の社員と比べて、同じかそれ以上に関わっていますか?「めんどくさい」とか「どうしてよいかわからない」という理由で、関わっていないのではありませんか?

 

 

または、障害者はこれまで一緒に働いたことがないので、よくわからないということなのかもしれません。

 

 

障害者が仕事をしない部署は、「配慮」と「社会人として甘えさせること」を混同させている場合がほとんどです。

 

 

相手は障害者であるわけですから、配慮は必要です。「配慮」と「仕事を甘えさせること」は似ていますが、同じではありません。むしろ、配慮をしているからこそ、仕事の成果を求めるのが当然です。

 

 

このように考え方が整理して考えられていない上司や部署では、障害者を放ったらかしにしてしまっているのです。

 

 

今一度、障害者に何を求めるのか?考えてみましょう。

 

 

居てもらえる(飼い殺しする)だけでいいのか?

しっかりと仕事をしてもらいたいのか?

 

 

しっかりと仕事をしてもらいたいのであれば、相手に興味を持ち、「障害の配慮はするが仕事はしっかり成果を求める」というコミュニケーションを取っていきましょう。

  • お問合わせ
  • このページの先頭へ