障害者の採用・研修・育成・雇用率維持のお悩みは専門会社よりよく生きるプロジェクトへ

ホーム > お悩みから探す > 会社に障害者扱いされたくありません

会社に障害者扱いされたくありません

会社に障害者扱いされたくないのであれば、仕事の成果を出すことです。

 

障害者扱いをされるのは、「障害者はこの程度だろう」という思い込みや「障害者だからこのくらいの仕事」という相手のためになっていない偽善の考え方が健常者にあるからです。

 

このような健常者の思い込みや偽善をなくしていくためには、障害者が仕事の成果を出すことしかありません。相手は変えられませんが、自分は変えられます。「相手が障害者扱いする!」と主張する前に、自分自身を仕事の成果を出す体質に変えていきましょう。

 

しかし、「簡単な仕事しか与えられないから仕事の成果を出せない」という人がいます。

 

その”簡単な仕事”を、一生懸命やっていますか?

その”簡単な仕事”を、誰もができないくらい考え尽くしていますか?

その”簡単な仕事”を、誰にも負けないと言い切れますか?

 

経験上、「障害者扱いされたくない」という人ほど、「会社が自分を障害者扱いするから仕事ができない」と言い訳します。

 

「障害者扱いされるかどうか」ではなく、まず仕事をしましょう。

 

確かに会社によっては、仕事すら与えてくれない会社もあります。だから、仕事ができないという人もいます。であるならば、仕事がないのに給料もらえることに感謝して社内外で勉強しましょう。今の環境で学ぶことがなくなったら転職しましょう。

 

大事なことは、

 

自分はどうありたいか?自分は何を目指したいのか?

 

です。

 

その答えの先に、自分らしい人生が待っているのであって、障害者扱いされるかどうかはあなたが描く未来には全く関係ないことです。

 

障害者扱いされることが気になっているのであれば、まだあなたは自分の人生を生きていません。

 

障害者扱いされることが気にならなくなってはじめて、あなたは自分の人生を生きていると言えるのです。

  • お問合わせ
  • このページの先頭へ