障害者の採用・研修・育成・雇用率維持のお悩みは専門会社よりよく生きるプロジェクトへ

ホーム > お悩みから探す > 障害があって就職できません

障害があって就職できません

残念ながら就職できないのは障害が理由ではありません。

 

ある上肢障害の方は、どんな求人を紹介しても、「処遇が悪い」と言って紹介された求人をいつも断り、就職できないと嘆いていました。

 

ある車いすの方は、就職面接会で「アイドルになりたい」と面接で言い、就職できないと言っていました。

 

ある下肢障害の方は、仕事でできないことがあると「障害者の自分をフォローしてくれない周りが悪い」と言い放ち、35歳にして30社近く転職を繰り返してしまい、就職しづらい状況となってしまいました。

 

これらはいずれも障害が理由ではありません。確かに障害があると就職はしづらいことは確かです。しかし、お医者さんから「仕事をしても良い」という許可が出ているのであれば、あなたの障害によって、就職”しづらい”ことはあっても、”できないこと”はありません。

 

自分が就職できない理由は障害以外に本当にないのか?一度考えてみてはいかがでしょうか?

  • お問合わせ
  • このページの先頭へ