障害者の採用・研修・育成・雇用率維持のお悩みは専門会社よりよく生きるプロジェクトへ

ホーム > お悩みから探す > 健常者からの目線が気になります

健常者からの目線が気になります

健常者からの目線が気になるという場合は、障害受容の4段階理論を知りましょう。

 

 

これは、京都教育大学、岡茂さんの中途障害者の障害受容における自己概念の変化(PDF)という素晴らしい論文から拝借しています。なお、ここでは中途障害者となっていますが、先天性の方に複数名、お話をお伺いしてもこれは先天性の人も同じ、という人ばかりでしたので、私は、中途障害に関わらず障害者全体の障害受容の経過として使っています。

 

 

内容ですが、この論文では障害を受容するまでに四段階あると言っています。

障害受容の4段階

 

簡単に言えば、まず何で自分が…と思うんだけど、ちょっと自分を見せるようになって、障害の有無に関わらず自分は自分なんだって思って、自分なりの人生を生きていけるという話です。

 

 

あなたがもし健常者の目線が気になるのは、ご自身が第一段階・第二段階だからです。

 

 

第一段階・第二段階というのは、物事の考え方の矢印が自分に向いています。

 

自分だけなんでこんなつらい目にあわなければならないのか

障害者になってお先真っ暗だ

 

など、自分自身に価値を持てていない状況です。ですから、人の目線が気になる。他人から自分がどう見られているかが気になるのです。

 

 

このように健常者からの目線が気になる場合は、まずは自分の考え方の矢印が自分に向いていることに気付きましょう。

 

 

それでは、第三段階・第四段階になっていくためには、どうしたらよいでしょうか。

 

 

それは、他人も障害はなくても様々な悩みや痛みを抱えていることに気付くことです。

 

 

例えば、あなたの障害とハゲの人、どちらが不幸でしょうか?

例えば、あなたの障害と離婚して慰謝料・療育費を払い続けている人、どちらが不幸でしょうか?

例えば、あなたの障害と仕事の成果を出せない人、どちらが不幸でしょうか?

例えば、あなたの障害とブサイクな人、どちらが不幸でしょうか?

 

 

人は、誰しもその人のレベルにあった苦悩を抱えて生きています。大変なのはあなただけではありません。他人の痛みに気付きましょう。大変なのはあなただけではありません。

 

 

大変なのは自分だけではないという前提に立ち、自分が考えていること、思っていること、障害のことをオープンに話してみましょう。

 

 

話していきながら、障害のある自分がどう生きていくのか?少しずつ考えてみるようにしてみてください。そして、同じ障害のある人で、ああなりたいというロールモデルを見つけてみましょう。

 

 

このように、少しずつ自分に向いている矢印を自分に向けるのではなく、外側に向けていけるように努力していきましょう。あなたの人生はあなたしか動かすことはできないのです。

 

 

余談になりますが、障害者で内定をいくつももらう、好条件で採用される人はこの第三段階、第四段階の人ばかりです。スキルなどももちろんありますが、それ以上に、他責や被害者意識ではなく、自分の軸、自分の芯を持っていて、「自分はどう貢献をできるのか?」という気持ちがあり、話していて気持ちが良い人だからです。

 

 

自分が何段階にいるかはなかなか自分では気付けないものです。内定が出ないって言う人は、自分が何段階にいるか他人に聞いてみましょう。当然、どんなことを言われても受入れる覚悟をした上でお願いしますね。当方、一切責任は負えませんので。

 

  • お問合わせ
  • このページの先頭へ